まつ毛の寿命が短くなる原因を知る

長いまつ毛はより目元を魅力的に見せてくれますが、それゆえに女性はマスカラやビューラー、つけまつげなどを駆使して、より長さ、濃さを出す工夫をしている人が多くなっています。

マスカラやつけまつ毛は手軽に長さ、濃さを出してくれるもので、目をより大きくぱっちりと見せてくれる効果が期待できます。
そしてこうしたメイクも注意しないと自毛の寿命が短くなることにつながってしまいます。

寿命が短くなる原因としては、まずはアイメイクのやり過ぎがあげられます。
ビューラーはカールをするのにとても役立ってくれるものですが、間違った方法で行うと、途中で折れてしまったり、切れてしまう、抜けてしまうこともあります。
それゆえに正しい使い方をすることが大事ですし、ビューラーも質の良いものを選ぶことが大事です。
そして1日何度も使うなど必要以上に使うことも避けましょう。

そしてマスカラも手軽に長さや濃さを出せる化粧品として人気がありますが、落とすときにはクレンジングが必要です。最近はより落ちにくい工夫がされているものも増えていますが、クレンジング時に目元をこすりすぎたり、毛を引っ張ることも寿命が短くなることにつながります。
メイクを落とすときも過剰にこすったりせず、良質なクレンジングで優しく丁寧に落としていきましょう。

さらにつけまつげの接着剤が自毛についてしまうと外すときに一緒に抜けてしまうこともありますので、こちらも注意が必要です。
そしてまつ毛パーマやエクステを多用することも自毛を傷めることにつながりますので、こちらも注意したいところです。

まつ毛はお手入れ次第では寿命をより長くし、健康できれいな状態を保つことができます。優しく丁寧に扱うこと、専用の美容液や育毛剤などでのケアも取り入れていきましょう。